3月11日
2012/03/11
本日であの大震災からちょうど1年が経過しました。
亡くなられた方々には心より哀悼の意を表させて頂くとともに、いまも被災地にて頑張っているみなさまにお見舞い申し上げます。

 この1年間は、自分に何ができるのか、何をするべきなのか、考え、悩み続けた1年間でした。そして今も答えはでていません。
 それでも、ただこれからも考え続けることは忘れたくありません。そしてほんの少しでも、自分ができることのうちで、被災地の皆様にプラスになることを実行していきたいと思っています。
院長 西川